逃げる男性

躁状態になる

頭を抱える女性

うつと躁を繰り返す双極性障害

躁状態の場合、周囲に迷惑をかけることがある他にも借金をすることが挙げられます。また、自分は何でも出来ると思い込んでしまい無謀なことにもチャレンジをする他にも犯罪をおこすこともあるため注意が必要といえます。軽躁状態の場合、躁状態よりも軽度の症状になります。借金をすることはなくても、やる気が空回りしていることが多いです。そのため、仕事でもやる気があっても一つのことに集中することが出来ず全て中途半端になってしまいます。普段よりも積極的になりますが、躁状態のように迷惑をかけることが少ないため周囲にも気づきにくいといえます。また、本人も自覚がないため難しいといえます。

躁状態の時とうつ状態の時の接し方

軽躁状態でも、双極性障害には変わりありません。そのため、翌日にはうつ病症状が出ている可能性もあります。気分の落差が激しいと勘違いされることが多いため、気をつける必要があります。双極性障害は、毎日繰り返しうつ症状と躁状態が出るわけではありません。基本的には、数年の期間を経て症状が現れます。そのため、病気に気づきにくいといえます。また、双極性障害の治療を行う場合も気をつける必要があります。症状が常に現れているわけではないため、自覚症状もなく治療もすることが出来ません。しかし、そのまま放置してしまうことによって躁状態の期間が短くなり、うつ状態が長く続きます。また、発症する期間も短くなってくるため治療を行う場合に医師に躁状態の説明をしないとうつ病と勘違いされてしまいます。治療法が異なるため、双極性障害は治療が難しいといえます。

双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す精神疾患で、双極性うつ病や躁うつ病とも呼ばれています。 双極性障害は非常に落ち込んだ状態と異常なほどテンションの高い状態が繰り返しやってくるため、本人は非常につらい状況にあります。周りから見ても異常な状態であることは明らかなので、少しでも兆候が見られた場合は早めに専門の医師に相談するようにしたいものです。 双極性障害で一番厄介なのはうつ状態の時ではなく、躁状態の時です。躁状態の時、自分は何でもできるような感覚に陥ってしまっているために延々と話し込んだり、横柄な態度をとったり、非常に気前が良くなるなど周囲に迷惑をかけてしまいます。ただし、そのような態度をとってしまうのは病気のせいであって本人のせいではありません。当の本人は非常につらい状態にあることは変わりありませんので、周囲の人間は感情的にならないように気を付けたいものです。

躁状態という非常に厄介な側面を持つ双極性障害ですが、周囲の人間はただ見ているだけしかできないのでしょうか。 躁状態にある場合は、異常なほどテンションが高くなっていることを本人に直接注意しましょう。本人の意思で異常なほどテンションが高い状態にあるわけではありませんので、注意されることである程度のブレーキになるのです。また、躁状態の後はうつ状態になります。この時はひどく落ち込んでしまう時期にあるため、直接的な注意は避けましょう。 双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す非常につらい病気です。うつ状態の時は本人が、躁状態の時は周囲の人間が大変な思いをすることがほとんどだと思っても良いでしょう。ですので、双極性障害の兆候が見えたら早めに専門の医師に相談するようにしましょう。

Copyright(c) 2015 クリニックで改善することが出来る双極性障害 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com