逃げる男性

治療する

叫び

双極性障害は、本人も自覚がない病気になります。通常、失敗して借金などをすると不安感やストレス、焦りなどを感じてしまいます。しかし、双極性障害にかかった人は躁状態で多大な借金をつくっても落ち込む様子もなく気にする素振りもないでしょう。そのため、周りも気づきにくいといえます。双極性障害は、社会的地位や貯金なども失われてしまうため気をつけなくてはいけない病気になります。また、双極性障害と診断を受けてもなかなか受け止めることが出来ない人は多いものです。そのため、治療を行わない人もいます。しかし、治療を行わない場合は改善することが出来ず今まで築き上げてきた人生も無駄になってしまいます。また、普段の生活を送っていくことも困難になってしまいます。双極性障害を受け止めることが出来ず、治療を開始するまでに時間がかかってしまった場合、治療が終わる頃には定年を迎えている他にも社会復帰が見込めなくなってしまうため早めに向き合うことが重要といえます。

双極性障害は、早めに治療を受けることで社会復帰も見込める病気になります。そのため、早い段階で病気を受け止めて治療に専念すると良いでしょう。また、早い回復を望む場合周囲にも話しておく必要があります。意見が食い違ってくる場合、うつ病と同様に自分を責めてしまうなどうつ病の症状が現れてしまいます。そのため、無理に意見を合わせる必要もないのですが周囲の理解を得ることが重要といえる病気といえます。

Copyright(c) 2015 クリニックで改善することが出来る双極性障害 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com