逃げる男性

薬治療

話す

双極性障害を治療するには、気分安定薬を用いて治療を行います。また、主に使用されている気分安定薬にはリチウムが挙げられます。他の成分を使用した気分安定薬もありますが、てんかんなどを持っている人に処方するものなどあるためほとんどの人はリチウムを使用します。しかし、リチウムは使用方法が難しくなってしまいます。血中濃度によって異なってくるため、血中濃度を調べながら気分安定薬を服用する形になります。少しでも誤ってしまうと、副作用を招いてしまうため使用方法が難しいといわれています。また、薬を服用した後は食欲不振になる他にも下痢や喉の渇きから水分を多量に摂取することで多尿になってしまうことが挙げられます。その他にも、手の震えなどの症状も出てくるため使用の際には十分に注意する必要があります。しかし、双極性障害の治療には欠かすことが出来ない薬になっているため慎重に使用する必要があるでしょう。

双極性障害の薬には、血中濃度によっては様々な症状を引き起こしてしまいます。血中濃度が高い場合、目の前がふらふらして歩行が困難になってしまう他にも意識が朦朧とするなどの症状も現れます。そのため、双極性障害の薬を使用する場合はしっかりと血中濃度を調べて使用するようにしましょう。また、双極性障害の薬を使用することが心配な場合は病院やクリニックの医師に相談しましょう。血中濃度を調べて適度な薬を処方してもらえるため、副作用の心配もなく安心して服用することが出来るといえます。

Copyright(c) 2015 クリニックで改善することが出来る双極性障害 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com