逃げる男性

脳の病気

傾聴

双極性障害になる可能性は、日本人は1%にも満たないといえます。しかし、うつ病と双極性障害の見極めが厳しいためはっきりとした患者数はわかっていません。そのため、うつ病患者の中に双極性障害の患者も含まれていることが挙げられます。双極性障害は、うつ病と同様に誰もがなりうる可能性がある病気ではあります。しかし、うつ病よりも発症するケースは比較的低いといえます。

双極性障害は、遺伝子が原因の可能性も挙げられます。一つの遺伝子だけではなく、複数の遺伝子によって発症するといわれています。一卵性双生児は、ほとんど同じ遺伝子になります。また、二卵性双生児の場合は半分の遺伝子になります。双極性障害が発症するのは、一卵性双生児が多いといえますが遺伝子だけで発症するとはいえません。しかし、全ての一卵性双生児が発症するわけではありません。

双極性障害の原因がある可能性の一つに、環境的要素も挙げられます。環境的要素では、ストレスなどが挙げられます。ストレスを溜め込みすぎる場合、うつ病と同様に発症するケースもありうると言われています。しかし、未だ原因がはっきりされていないためストレスなどの環境的要素が原因とは断定することが出来ないものです。また、他にも病前性格も双極性障害になる可能性が挙げられます。双極性障害になる人は、発症する前は普通の人と特に違いはありません。その他にも、性格は明るく社交的な人も多いものです。

Copyright(c) 2015 クリニックで改善することが出来る双極性障害 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com