カウンセリング
頭を抱える女性

躁状態になる

双極性障害にかかってしまった場合、様々な症状が現れます。うつ病と異なって周囲に迷惑をかけるケースが多いため、早めに治療をする必要があります。また、本人に自覚がないこともあるため注意しましょう。

詳細を確認する

不規則な生活

ネットの活用

双極性障害は、病院やクリニックで治療することが出来ます。しかし、クリニックによっては対応していないこともあるためインターネットサイトで利用出来るクリニックを探すと良いでしょう。

詳細を確認する

話す

薬治療

双極性障害の治療方法には、主に薬を用いて治療を行います。気分を安定させる薬を使用することで双極性障害の症状を抑えることが出来るといえます。また、薬には副作用もあるため注意しましょう。

詳細を確認する

傾聴

脳の病気

双極性障害の病気は、誰でもかかってしまう病気になっています。また、原因がはっきりとわかっていないため気をつける必要があります。周囲に双極性障害の疑いがある場合は医師に相談すると良いでしょう。

詳細を確認する

疑問

再発を防ぐ

双極性障害は、再発する恐れもある病気になっています。そのため、薬の服用を自己判断でやめることは決して行なってはいけません。また、周囲のサポートを得ることで再発防止にも繋がります。

詳細を確認する

叫び

治療する

気づかないうちに双極性障害にかかっている可能性もあります。双極性障害を改善するためには、まずは自分の病気のことを知る必要があります。また、しっかりと病気に向き合うことで早い回復が見込めます。

詳細を確認する

双極性障害の症状

ぼんやりと過ごす男性

双極性障害とはどういった病気なのか

私たちが普段健康的に生活を送るためには、睡眠はとても欠かせないものです。また、日頃からストレスを溜めない生活を送る必要があります。少しでも生活バランスが乱れてしまうことで体調は崩れてしまいます。その他にも、体調だけ崩す以外にも精神の病気にかかってしまう恐れもあります。精神の病としても知られているものに、うつ病が挙げられます。うつ病は、ふとした時にかかってしまうため誰でもなってしまう恐れがある病気になります。また、うつ病の要因には睡眠不足とストレスが挙げられます。うつ病にかかってしまうと、やる気が起きなくなる他にも普段の生活にも支障をきたします。うつ病にかからないためにも、十分な睡眠をとり、ストレスを溜めない生活を送る必要があるといえます。

うつ病と間違われやすい病気

うつ病と似た病気には、双極性障害が挙げられます。しかし、うつ病と違って気分の落差が激しいものになります。うつ病の場合、やる気の喪失など気分的に落ち込んでいる状態になります。しかし、双極性障害の場合はうつ病の状態以外にも躁が挙げられます。躁状態は、気分が上がっている場合が挙げられます。ただ気分が上がっているだけなら良いのですが、周囲に迷惑をかけてしまうことがあります。眠ることなく活動を続ける他にも周囲を振り回す傾向があります。また、ひどい場合には金銭トラブルになってしまう可能性があります。何千万単位の借金をつくってしまうこともあるため、十分に気をつけなければいけない病気になります。

双極性障害とは、うつ状態と躁状態をあわせ持つ症状のことです。一般的にうつ病は気分が沈む状態が続きますが、この双極性障害はこの状態だけでなく気分が異常に上昇する状態も出てきます。本人はこのような状態に気付くことはほとんどなく、周囲から指摘されることがよくあります。 双極性障害の原因は、うつ病と同じようにストレス性のものが強いとされています。これらを改善するには専門病院での治療が大切ですが、うつ病と比べて再発しやすいのが特徴です。そのため、病院とは余裕を持って上手に付き合っていかなければいけません。 最近ではうつ病が認知されてきたばかりですが、双極性障害についてはまだまだ認知度がありません。日本では100人に1人の割合で発症していることがわかっており、治療に使われる効果的な薬も次々に開発されています。認知度を更に高めて、症状に苦しんでいる人のための更なる治療が求められています。

双極性障害の人は、その症状が病気であるために自分で気分をコントロールすることができません。このため、勉強や仕事に対する集中力も低下するので生活に支障が出てくる可能性があります。 このような症状から、うつ病と勘違いする人がいます。確かに気分が沈む症状はありますが、双極性障害との違いはそれが長く続くか続かないかにあります。うつ病と思い込んでいたら、間違った治療も行われかねません。まずは、本人の家族などの周囲の人間から見た正確な症状を聞いてみることです。本人には気づかない異常な行動があることも多く、その証言が専門病院でのカウンセリングのときに役立つことになります。それを基に双極性障害と判断して治療していくことになるので、間違った思い込みは危険です。 まずは、自分の正確な症状を知り、双極性障害について理解しておくことが必要です。

Copyright(c) 2015 クリニックで改善することが出来る双極性障害 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com